the Beloved Hotel お部屋

e0203477_3541517.jpg


ジュニア・スイート。
一番下のカテゴリーでしたが、十分すぎるくらいに十分でした。

トリップアドバイザーでアップグレードしてもらったというのをよく目にしましたので、密かに期待してましたが、残念(笑)
しかし、もし次回泊まる事があれば、確実にアップグレードして頂けそうな予感です。
その事については、後ほど書きます。


まずお部屋へ入ると、お茶セットとネスプレッソがお出迎え。
Keuregではなく、ネスプレッソというところがミソ。
これが美味しい~。
e0203477_3581916.jpg

e0203477_3583868.jpg


続いて、広々バスルーム。
勿論ダブルシンク。
e0203477_3593323.jpg

アメニティはブルガリ。
有名ブランド=質がいいとは決して思いませんが、(結局中身は大差ないと思う)やはりブランド名はホテルの格を上げますね。
e0203477_411510.jpg


シャワールームが踊っちゃうくらい広い。
レインシャワーとハンドシャワー。
e0203477_421264.jpg

帰る直前になって、横から打たれるようなシャワーがあることに気づく。
e0203477_43748.jpg


因みに、シャワールームはベッドルームから丸見え。
最近どうしてこう開放的なデザインが多いんですかね?

向かって左側がトイレ。
e0203477_442721.jpg


その奥はウォーク・インクローゼット。
ここのゲストは2週間とか長期滞在の方が多いようですが、(みんなお金持ち!)多い荷物も楽々収納できます。
e0203477_46148.jpg


ドッシリバスローブ。
e0203477_463880.jpg


キングサイズベッド。
e0203477_47560.jpg


リビングからベッドを見たところ。
e0203477_472711.jpg


バーカウンターにづらっと並んだアルコールも全て飲み放題。
結局一度もお部屋では飲みませんでしたが。(その必要がない)
e0203477_481371.jpg

これらのボトル、どうやらお持ち帰りもいいみたいですよ。
持って帰らないけど。

冷蔵庫にはソフトドリンクなど。
e0203477_49461.jpg


スナックもご自由に。
殆ど食べないけど。(その必要がない)
e0203477_49514.jpg



バルコニー際にはジャグジー。
e0203477_4103930.jpg

5日間の短い滞在では、使う時間がありませんでした。
が、一回だけ何とか無理やり入ってみた。(笑)

バルコニー、これで人部屋分?
e0203477_4122221.jpg


生意気にテラスでi・pad中の娘。
理由はお部屋のなかのwifiアクセスがすこぶる悪かったから。
これはいくつかあったマイナスポイントのひとつ。

連日晴天で、水着を洗ってバルコニーに干しておくとすぐにカラッと乾いてました。

窓を開け放ってジャグジータイムも可能。
外から見える可能性がありますが。
e0203477_4151440.jpg


眺めはそんなによくないけど、何しろホテル内の施設を活用するのに忙しく、お部屋のテラスでゆっくりする事がありませんでしたので、問題ナッシング。
e0203477_417226.jpg




何号室だったか忘れましたが、お部屋の真下がラウンジ・バーでして。
私たちのお部屋はちょうどこのビルの2階部分。
e0203477_422295.jpg



全体的にはそれはそれは素晴らしいホテルでしたが、幾つかの問題点もありまして。
ある夜のこと、ウェディングで団体で宿泊されていたグループがこのラウンジで2次会的なものをやっていて、
夜遅くまでそれはそれはうるさいことといったら!!

大人は酔っ払って大声あげるは、子供は甲高い声をあげて騒ぐは、全く寝られずもう最悪でした。
大体こんな夜中まで子供連れて大騒ぎって。。。。。

本当にお子様連れがゲストが多かったですが、不思議に子供感を感じさせない凄く落ち着いた大人なリゾートでしたので、この日の夜のことだけは残念。


次回もしお世話になるとしたら、Lupita Lungeの近くのお部屋は避けたいと思います。
[PR]
by happytravelpuri | 2014-09-17 04:38 | 2014 cancun