the Original Pnacake House と スリリングな乗り継ぎ

e0203477_2163580.jpg


クルーズ乗り場に隣接する、シカゴのいちのメイン通り、ミシガンべニューを歩きます。
別名マグニフィセント・マイル。
高級ホテル、ブランド店などが立ち並ぶ通りです。
東京で言ったら銀座、NYで言ったら5番街的な?
e0203477_2242278.jpg


娘の履いていたサンダルの底がベローンと剥がれてきたので、目に入ったGAPによってサンダル調達。
あまりチョイスがなかったけど、あまりにも悲惨な状態だったので。
てか、まだ数回しか履いてないのに~。まあ、そんなに高いものではなかったですが。

GAPを出てまた暫く北上していったら結構靴屋さんもあって、なんだーこっちにすれば良かったわ。なんていいながら、どんどん北上。
なんでそんなに北上しているかというと、ランチに目指すお店があるから。

water tower placeが見えたあたりで左折してN Rush St. をまた北上。
後で地図で調べたらこのあたりにジョン ハンコックセンターもあったのね。
次回は是非登ってシカゴの街を一望したいです。


着いた先は。

the Original Pncake House
22 E Bellevue Pl
(312) 642-7917

以前から名前は聞いた事ありましたが、最近日本にも上陸したようですね。
エッグスンに並び、凄い行列だとか。
ワタクシ、なんでアメリカのパンケーキごときに何時間待ちもの行列が出来るのか理解に苦しむのですが。
(並ぶの大嫌い。メディアに踊らされてたまるか!! っていうひねくれものです

こっちだったらそこまで行列はないだろうし、他に全然調べてなかったから一度行ってみるかってな感じで行ってみました。

私たちの前にも何組かウェイティングリストにありましたが、すぐに中へ通されましたよ。
e0203477_2433995.jpg


娘はホイップと苺がたっぷりのパンケーキに喜びの悲鳴をあげてました。
私はホールウィート系のシンプルなパンケーキ。
主人はオムレツのセットだけど、写真なし。

美味しかった。 と思います。
ただこの時はあんまり食欲なくて、しかも(アメリカ的な)甘ったるい物が体に受け付けない状態だったので、あまり楽しめなかったのが残念でありますが。
だったら何で行くの?!って言われると。。。。。。。

アメリカへ来てから美味しいと思える事が殆どないんです。。。。。
多分食べ物のせいだけではないと思います。
私の体のせいも多分にあると思う。
だからといって体を壊してる、とか体調悪い、とか全然そんな事はなくいたって元気なのですが。
歳とって味覚が変わってきたのかなー。

ま、そんな感じで飽くまで私的には I HOP比べても何ら変わりないんでないの?って感想ですが、体調の問題ですね。

完食出来ず、かなり残しちゃって勿体無いのでお持ち帰りし、大事に飛行機で運びましたが旅行中でやっぱり食べる機会はなく結局ゴミ箱行きとなりました。。。。。。。

e0203477_2541934.jpg


この界隈はお洒落な可愛いお店が沢山あって、隣のレストランのテラス席もとっても気になりました。
(上の写真はそのレストランとは違います)


お腹いっぱいになってN State st. を地下鉄シカゴ駅まで南下します。
ブログ書いてて地図で確認したら、何とこのシカゴ駅近くにも支店があるの?!
気づかなかったなー。

まだちょっと時間あるよね、とまたマクドに寄ってコーヒー買って体を温める。

で、地下鉄に乗って空港へ向かいます。



この後、物凄い冷や汗タラタラのスリリングな体験をするのですが、長くなるので興味ある方だけ、下からどうぞ。



We almost missed our fright from Chicago to Miami.
There was a long line at the security check and our turn never seemed to come.

I asked the lady who were checking passengers' passports and boarding passes, but what she said was "There's noting I can do."
(I think she could speed up doing her job, though.)

Our boarding time was 3:40pm or someting, and it was already 3:40pm when I talked to her.

It was past 4:00 when our turn came.
and we had to wait in another long line for the security scann.

4:10pm.
Our flight also leave 4:10pm.

We almost gave up to catch our flight and pay for another tickets.
However, I just remembered what the paster says all the time in his preach,


Never give up.
You'll never know untill you try.


So I talked to the security guy, and he said
"I can't do it for you, but you can ask the people to let you cut in."



so I did it!
with my terrible accent English.


Thankfully they said "Sure" and let us cut in.
Thank you so much!!

We run and run and run.

I almost broke into the plane, where the stuff stopped me and said
"Calm down. Where are you going?"
"Miami"
"O.K. it has not left yet. You can wait."


Thank you Lord, it was delayed!!

The crews all laughed at me and said "I can get you there!!"




After all, It took us another 40 minutes for the plane took off.


wich mean I didn't have to do that terrible embrrassing experience at the security.



Thank you Lord to make us get there safely, and we didn't have to pay for thousands
dollers tickets to Miami!!



空港に1時間くらい前に着けばいいよね、と逆算して地下鉄にのりました。
激寒な空港で長い時間過ごしたくなかったので、出来るだけギリギリに到着しようという目論見。

で、電車に乗ってる途中で「時間、大丈夫かな?」とちょっぴり心配になってきましたが、まあ大丈夫だろうとまだこの時は余裕のよっちゃん。

空港に着いたのが50分前くらい。
でも、クーラーギンギンの空港に入った途端、早めに来なくて良かった、なんて思ってた(笑)

で、我らのフライトのターミナルへ行くのに迷う。
ウロウロして、係員に聞いてもイマイチよく分からず。
この時点でちょっと焦ってきた。

やっと行くべき所を確認してキュリティーチェックに並びますが、これが長蛇の列!!
こんなに並んでんのに、おばちゃんひとりでのんびーーーーりパスポートと搭乗券のチェック。
これがなかなか進まない。

おーーーいーー。こんなに並んでんだからもうちょっとパッパとやってくんないでしょうか?!
係員増やせよーーー。

この時点で搭乗時間まであと5分。
絶対に間に合わない

我慢をきらしておばちゃんに「時間ないんだけど!!」と言いに行っても首をふって「知らなーい」と全く人事。
私たちの番がきたときはとっくに搭乗時間を過ぎていた。

それからセキュリティーチェックを受けるまでがまた長いーーーー。

出発10分前ですが、まだ私たちの番は遥かかなたですぅ。
靴脱いでベルトはずして万全の状態で待機してるんですが。

「この便逃したらどうなるかな。自分の責任だからマイアミまでは自腹だよね?しかもマイルでとった便だし・・・・・」
「今日中の便に乗れるのか?」
などど泣きそうになりながら主人と話す。
クルーズが明後日の出発だったのがせめてもの救い。

とうとう搭乗時間になっちゃいました。
「ああ、もうだめだ・・・・・・・」
と半分諦めモードになって自腹覚悟寸前でしたが、ここで思い直しました。
最後まで希望を捨ててはいけない!!
いつも教会のメッセージで先生が言ってるじゃないか!!


最後まで諦めるな、と。


そして主人と娘を列に残し、セキュリティーチェックのお兄ちゃんの所までズカズカ歩いていく。


「すいません。私たちのフライト、4時10分なんです。」
「えっ?それは搭乗時間?それとも出発時間?」
「出発時間です!!」
「・・・・・・・・」
「並んでいるお客さんに頼んでみてください。私があなた達を割り込ませる権限はないので。」





・・・・・・・・・・・。。。。。。。。





この長蛇の列の大衆の前で大声張り上げて「先に行かせて!!」と頼めと・・・・・・・?







やりましょう


振替の飛行機代、数10万円(くらい?)、そして今日中にマイアミに着くためなら恥をかいて差し上げます!



そして、


大声張り上げ



「皆さん、すいません。私たちのフライト時間4時10分なんです!!(この時点ですでに4時15分) 申し訳ありませんが、先に行かせてもらっていいでしょうか?」



もう恥ずかしいのなんのって。
しかもアクセントバリバリの怪しい英語で



でも、親切な皆さん、”Sure, Go ahead"
って割り込ませて下さいました(涙)
ありがとーーーーー(感涙)



それからは靴もろくに履かず、ベルトも半かけ状態で走る走る。
人を掻き分け、掻き分け。


途中で主人が
「荷物は俺が全部持つからお前先に行って飛行機止めてろっ!!」


で、身軽になった私は走る、走る。
息も絶え絶えに。


ゲートに駆け込み、搭乗口に突進していった所でクルーに引き止められ、


「落ち着いて!!落ち着いて!!あなたどこへ行くの?」
「マイアミです。 遅れてすいません!」



「大丈夫。まだ出発してないから。」
「離陸時間が遅れてるのよ」




良かったあ~。間に合った。


「ちゃんとマイアミまで連れてってあげるから、大丈夫だよ~」(←クルーの皆に笑われてた)


そこへ旦那と娘がゼーゼー息を切らしながら登場。



「間に合ったかっ?!」





いやあ、本当に焦りました。
久しぶりにこんなにスリル満点の体験したわ。



結局飛行機はそれから40分くらい遅れ、無事飛び立ちました。



あんな恥ずかしい思いしなくても、間に合ったんぢゃ?!



今回もお守りくださり、神様感謝します~。




教訓: 時間には余裕を持って行動しましょう。
     そして、最後まで諦めない(笑)









にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by happytravelpuri | 2013-07-14 03:51 | caribbean cruise